診療時間:月・火・水・金・土 9:00~13:00 14:00~18:30 (土:14:00まで)

蓮田の歯医者、一般歯科と小児歯科のよしもと歯科医院

まだ歯が生えてきていないときって何かできることありますか?

院長
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
院長
しっかり噛める、楽しく話す。セルフケアしやすいお口の環境つくりを お手伝いします。皆様が楽しく笑顔でお話し、お食事できることを応援していきます。

可愛いお子さんの歯が生えてくるのは個人差もありますが、生後6か月前後に下の前歯が生え始めることが多いです。

全ての子どもの歯(乳歯)が生えそろうのは3歳頃です。

歯が生えてくる前の間に何かできることはありませんか?とご質問をいただきます。

とてもお子さまのお口の中に関心を持っていただき有り難うございます。

歯磨きは歯が生えてからのスタートで大丈夫です。

それまでの間は、赤ちゃんは唾液の量が多く、それだけでも自浄作用が高いので何もしなくても良いと思います。

それでも何かできることは?というと、綿100%のガーゼをぬるま湯でしめらせて人差し指に巻き付けて、歯ぐきの表側と裏側を優しく拭ってあげましょう。授乳後、離乳食後、就寝前などが良いでしょう。

赤ちゃんの歯ぐきはとてもやわらかいので、桃の表面を拭くような力加減が良いと思います。

お口の中を清潔にするということも目的ですが、一番の目的は、お口のまわりやお口の中を触られることに慣れさせること、

そしてお口のケアの時間はお子さんとの最高のスキンシップタイム

 

気持ち良いし、お口のケアをすると褒められるし、お口もきれいになるし、なんて楽しい時間なんだ!!とお子さんに

感じてもらい、習慣になると最高です。

 

是非、ガーゼで拭い終わったら、お口にガーゼを入れられたこと、拭えたこと、このお口のケアの時間を一緒に楽しく出来たことに対して、赤ちゃんを思いきり抱っこしたり、ほっぺを触ったり、頭を撫でてあげたりして褒めてあげましょう。

そして、お口のケアの時間を作って実行したあなたも、同じくらい褒めてあげましょう。

 

この習慣ができていると、歯が生えてきて、歯ブラシに移行するときも嫌がらずに進んで歯みがきしたり、

仕上げ磨きもさせてくれるようになります。

赤ちゃんと一緒にお口のケアの習慣を作っていきましょう(^-^)

この記事を書いている人 - WRITER -
院長
しっかり噛める、楽しく話す。セルフケアしやすいお口の環境つくりを お手伝いします。皆様が楽しく笑顔でお話し、お食事できることを応援していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© よしもと歯科医院 , 2020 All Rights Reserved.