診療時間:月・火・水・金・土 9:00~13:00 14:00~18:30 (土:14:00まで)

蓮田の歯医者、一般歯科と小児歯科のよしもと歯科医院

入れ歯のお手入れ、洗浄剤について

院長
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
院長
しっかり噛める、楽しく話す。セルフケアしやすいお口の環境つくりを お手伝いします。皆様が楽しく笑顔でお話し、お食事できることを応援していきます。

こんにちは。

今回は入れ歯洗浄剤についてお伝えします。

基本的には入れ歯の汚れは磨くことで落とせます。

よく患者様から「お手入れは入れ歯洗浄剤につけているだけ」「入れ歯を磨いたりしたことはない」

とのお声を聞きます。

入れ歯洗浄剤は匂いやしみ込んだ汚れを取ったり、表面のヌルヌルした汚れは取れるかと思います。

ただし、こびりついた汚れや、やわらかい歯石などは洗浄剤につけていてもなかなか落ちません。

例えるならば、お皿にこびりついた汚れをつけ置きのみで落とすことと同じです。

入れ歯が材質がプラスチックのもの、付随して金属が使われていたりします。

細かいところはきちんと入れ歯専用の歯ブラシで磨いていきましょう。

毎日つけることよりも、毎日磨くことの方が私は大切と患者様にお伝えしています。

もちろん磨いて毎日洗浄剤につけて頂いても大丈夫です。

私の考えは匂いや細かい磨いても落ちないしみ込んだ汚れを取るために使うという感じです。

普段使用しているコップやタッパなどに着色がついたり、匂いが付いたときにつけ置きをするのと似たような感覚です。

 

また、洗浄剤には部分入れ歯用、全部入れ歯用(総入れ歯)、自費用などがあります。

部分入れ歯や総義歯にバネや金属が使われている場合にはその表示の洗浄剤をおすすめします。

全く金属が使われていない場合には総入れ歯用が良いかと思います。

また、自費の特殊な材質の入れ歯は専用の洗浄剤や、全ての材質OKの洗浄剤の使用をおすすめしています。

ちなみに、当院ではすべての材質OKの洗浄剤を取り扱っております。

 

まずは入れ歯を磨くことが第一、その次に洗浄剤。

洗浄剤もどんな種類なのかを見直してみて、ご自身の入れ歯に合った洗浄剤を使っていきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
院長
しっかり噛める、楽しく話す。セルフケアしやすいお口の環境つくりを お手伝いします。皆様が楽しく笑顔でお話し、お食事できることを応援していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© よしもと歯科医院 , 2020 All Rights Reserved.