診療時間:月・火・水・金・土 9:00~13:00 14:00~18:30 (土:14:00まで)

蓮田の歯医者、一般歯科と小児歯科のよしもと歯科医院

指しゃぶりっていつまでにやめるといいんですか?

院長
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
院長
しっかり噛める、楽しく話す。セルフケアしやすいお口の環境つくりを お手伝いします。皆様が楽しく笑顔でお話し、お食事できることを応援していきます。

可愛いお子さまの指しゃぶり。赤ちゃんの時はさほど気にしないと思いますが、年齢が上がってくると

いつまでにやめた方がいいのでしょうか?というご質問があります。

そもそも指しゃぶりをすることで安心感をもたらせてくれているとも考えられています。

ただ吸っている指に吸いダコができるほど、かなり口の中が吸われて陰圧になります。

子どもの歯並びや上あごの形も吸われることによって前に尖ってくるような、出っ歯気味になったり、吸っている指の形に

歯と歯の間に隙間が出来てきたりすることがあります。

私は、だいたい4歳頃までに指しゃぶりから卒業できると良いかなとご提案をしています。

やめて口呼吸から鼻呼吸にかわったり、指が入ることでの力が加わらないと歯並びや顎の形も悪化したりすることもなくなり、少し改善してくることもあります。

指しゃぶりを卒業するときは、「指しゃぶりをずっとしていると出っ歯になってきちゃうかも」や「プリンセスみたいな可愛いお顔に指しゃぶりを卒業したらもっと慣れるかも」など、お子さまの心にひびくお声がけを進めています。

無理やり気づいたときに「やめなさい!」ではやめません。

また、指しゃぶりに気づいたら、手を使ったり、口を動かす、お話しするなど指しゃぶりから違う遊びやお手伝いに意識を向けさせるようにしてみましょう。

メンソレータムやマスタードを塗るなどをされている方もいらっしゃいましたが、私は全くお勧めしません。

お子さまが楽しく卒業できることを応援しています。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
院長
しっかり噛める、楽しく話す。セルフケアしやすいお口の環境つくりを お手伝いします。皆様が楽しく笑顔でお話し、お食事できることを応援していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© よしもと歯科医院 , 2020 All Rights Reserved.